<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

仕事?

 某メーカー会社案内VTRのオープニングBGMの引き渡しをしましてぇー、仕事が終わったことにこじつけてみんなで軽く新宿のいつもの飲み屋に行きましてぇー、そこまではよかったんですよ、旦那!
 でね、そのあとちょいともう1軒ってんでスナックなんぞに行きまして、その店を出た時点ですでに12時、ハイ。考えてみりゃ、そこで帰ったP-sukeさんは偉かったねぇー!
 よしゃいいのに、もう1軒今度は広尾のおしゃれなバーなんぞに回りまして、飲みおさめアンド締めの腹ごしらえ。確か飲み始めた時は3人だったのに、途中で1人帰って、そのあと2人増えて、3-1+2はいくつなのか計算できない頭で、ん?4人かい? ま、気にしない気にしない。
 あーでもねぇーこーでもねぇーと騒いでて、気がつけば、おいおいもう3時半かい? あー、帰らねぇーとあしたの仕事にさしつかえっちまうってんで、ふと我に返る男たち。
 タクシー飛ばして、家に着いたのが4時過ぎ! そろそろ明るくなるってぇー時間ですぜ。
 てめえの家なのに、抜き足差し足でそろりそろりと忍び込むと、朝練とやらで毎日5時に起きるってぇー息子の弁当を作ってる妻がお出迎え。
 おひかえなすって。手前酔っ払ってます。
「お早いご帰還で」
「うーん、ま、早いっちゃー早い時間ですが・・・」
 あわててひとっ風呂浴びて、布団に逃げ込んで、束の間の睡眠。
 10時に起きて、どうにかアッタマいてぇーのをおさえつつ午後はお仕事。今日ばっかしはもう飲めねぇーと確か夕方5時過ぎまでは思ってたはずなのに、面目ねぇ、8時にはまたビールを飲んでやした。
 いやね、そのー、なんちゅーか、えー、ま、これも仕事みてぇーなもんでしてね・・・ムニャムニャ。
[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-31 17:03  

年末の大掃除

 我が家は年末の大掃除だけは僕がやると決まっています。深い意味はございません。エッセイにも書いてある通りただ好きなだけです。
 とは言え、暮れにまとめてやるのは結構骨が折れます。従いまして、この時期から毎週末少しずつやります。そして、年末はゆっくりテレビでも見て過ごすっちゅう寸法でございます。
 家の中を8つのコーナーにわけてあります。洗面所とかリビングとか玄関とかね。で、そのコーナーをひとつずつ週末に掃除していくわけです。
 毎週末と言いましても、僕にもいろいろ予定もあります。毎週末できるわけではありません。できる週末だけです。
 で、逆算いたしますってぇーと、今日が第1回目の年末の大掃除ってことに相成りました。はやっ! あー、もう年末かぁ。
 今日は徹底的に風呂掃除。かなり充実した掃除ライフの始まりでした。
[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-20 23:48  

バンド歴その後

 学校を卒業してから、実はひとつだけバンドをやりました。
 これが大所帯のバンドで、その名も「有楽町提灯行列団」!
 このバンドの特長は、メンバーが変わってもずっと存続していたこと。そしてあまりにも大人数だったため、なかなか全員がそろえず、リハーサルや本番のたびに人数や人が違ってたこと。もちろん中心となるメンバーはいたんだけど。
 初代ヴォーカルは某レコード会社からデビューが決まっていたのにサラリーマンになってしまったという実力者。ベースはなんと爆風スランプの前身のバップガンでベースを弾いていて、あのイーストウェストでベストベーシスト賞をとったというチョッパーの天才。ギターにも久保田利伸のバックでギターを弾いていて、作曲家でもある羽田一郎がいたり、ドラムは郷ひろみや田原俊彦をはじめ数多くのバンドでその名を轟かせていた通称よねちゃんががいたり、そりゃもう楽しかった。
 で、一番多い時にはホーンやコーラスを入れて、総勢17人編成。僕は中途参加で、最初コーラスで入って、その後キーボードやらせてもらいました。
 この有楽町提灯行列団は、残念ながら活動休止していますが、今だにみんなで飲んだり遊んだりしています。
 そこで知り合ったうちにひとりが、今一緒にPrism Noteという音楽事務所をやっている作・編曲家のP-suke。そしてもうひとりが3代目ボーカリストの大村で、今回のシーゴーズのボーカルです。
 大村とはしばらくごぶさたしていたんだけど、このバンドをはじめるのにあたって、是非ということで僕がラブコールをおくりました。声質が好きなんです。
 是非お楽しみに!
c0115950_22512532.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-16 22:54  

バンド歴

 高校1年の時に初めて組んだバンドは4人編成の「夢夢」(むむ)っていうフォークソングバンド。あー、恥ずかしい! でも、そういう時代だったんだなぁ。東京の区民会舘で初ライブをやったっけ。
 その時のベースの健ちゃんに、今年の同窓会で久々に会った。なんと横浜アリーナの営業部長。また飲みに行こうね。それから、なにかあったらヨロシクです。
 そのあと2人組のやはりフォークデュオ「Sur」(シュール)を経て、大学では4つのバンドをやった。
 バンド名は「Muzan」、「Drug Station」、「Shanghai」、「Five Alive」。この頃から傾向はニューミュージック、シティポップス、AOR、ロックと変わっていったんです。でも、今思うとなぜそんなバンド名だったのかわからないものばかり。ただ「Shanghai」なんてバンド名があったのが不思議。この「Shanghai」あたりからライブハウスに出たり、コンテストの全国大会決勝に出られるようになったり、レコード会社のオーデションに呼ばれたりするようになったっけ。
 で、前置きは長くなったけど、その「Shanghai」の時からのつきあいが、今度ライブをやる「シーゴーズ」のドラムの江口。同じサークルで、僕が彼のドラムに一目惚れしたんだ。長いつきあいです。大学卒業後はほとんど一緒にバンドはやってないけど、音楽には一緒に関わっていて、ずっとそばにいた友人。
 たまたま今年の年賀状で、お互いに一緒にまた何かやってみない?って書いて、それじゃあってんで始まったわけなのさ。音に関しては全てわかりあえているからとってもラクです。
 さてさて、20年ぶりくらいに一緒にやるライブはどんなことになるやら・・・
c0115950_23262972.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-14 23:17  

あと約1ヶ月

 さてさて、ライブまであと約1ヶ月。リハーサルはあした13日と27日のあと2回。
 だと言うのに、ギターの“ひらぽー”が風邪をひいて38度の熱を出しているらしい。心配だ。
 と言う僕も、この1週間ちょっと風邪気味。だいぶよくなったけどね。
 僕のまわりでも風邪をひいている人の多いこと多いこと。
 季節の変わり目ですから、みんなも気をつけて!
[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-13 00:15  

夜の上海

 めがね好きなので「めがね」を見ようとも思ったけど、上海好きなので「夜の上海」を見てきちゃいました。伊勢佐木町近くのいかにも場末の映画館で。観客は12人!
 内容は、うーん、やっぱり客が入らないだけのことはあるなと思ったけど、でも、ちょっと泣いてしまった僕。あー、ここは歩いたなーなんていう道や、歩道橋や、主人公のもっくんとヴィッキー・チャオの通じない日本語と中国語の会話がたまらなくて、じーんと切なくなってしまいました。
 ま、何か思い入れのある人以外にはお勧めしませんが・・・
[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-07 23:12  

めがね

 好きでねー、めがね。気がついたら増えてました。
 でも、まだまだ足りない。まだまだ欲しい。
 特にアラン・ミクリが好きでねー。
 そう言えば、映画の「めがね」も見に行かねば。
c0115950_12302521.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-07 12:32  

上海レポートその5「番外編」

 そして、今回の上海レポートの最後は番外編です。
 ねえねえ、みんなざりがにって食べたことある? あのザリガニだよ? 食べてきました。夜中の1時頃。そこいらの汚い食堂で。手袋してザリガニの殻を剥くんだけど、これが結構大変。うん、でも、おいしかったよ。
c0115950_11132581.jpg
c0115950_11174934.jpg

 それから火鍋も食べてきました。羊の肉をしゃぶしゃぶして食べます。辛いのと辛くないのとあるんだけど、やっぱり辛いのがおいしい。ゴマだれもおいしかったぁ。
c0115950_11185828.jpg

 ところで味千ラーメンって知ってる? 日本にもあるんだけど。中国にたくさんあって、上海は特に多いんです。いわゆる日本風のラーメンを中心とした和食。ラーメンが和食なのか中華なのかは微妙ですが、ま、ちょっと安心して食べられます。チェーン店なので味はそれなり。
c0115950_11211858.jpg

 ビールはね、日本のものに比べるとちょっとうすいんです。有名なのは青島だけど、杭州で飲んだこの千島湖ビールもおいしかったぁ。昼間っから外で飲むビールは、いずれにしてもいけないことをしている感じで、最高ですね。
c0115950_1122528.jpg

 って、結局、食べ物の話ばっかりでしたぁ! ちゃんちゃん。
[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-07 11:25  

上海レポートその0「その他いろいろ」

 さてさて、またまた上海レポートの続きです。
 とは言え、今回のレポートはタイトル通り、実は時間がさかのぼって8月に行った時のもの。
 まずは、上海の観光地と言えばここという「豫園」。上海で最も中国らしいところです。豫園近辺の裏通りも、ちょっと危ない感じで、いろんなもの売ってておもしろいですよ(もちろん偽物も)。
c0115950_0265728.jpg
c0115950_0272025.jpg
c0115950_0273319.jpg
c0115950_0282658.jpg

c0115950_029410.jpg
c0115950_0291730.jpg

 そして「玉佛禅寺」。この中で飲んだ10種類のお茶もおいしかったぁ〜。
c0115950_0293937.jpg
c0115950_0295299.jpg

 最後は、旧フランス租界にあるアイリッシュバー。ここは欧米人だらけで、英語、中国語、日本語といろんな言葉が飛び交っていて、そんなところがまた上海っぽい。
c0115950_030349.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2007-10-07 00:32