<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

締めの蕎麦

 レコーディングのあとは、近くの蕎麦屋で軽く飲んで、ひょいとつまんで、締めの蕎麦をたぐって、早めに解散。
 麻布永坂更科本店は白いせいろです!
c0115950_22382590.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2011-09-18 22:49  

差し入れ

 レコーディング中にいただいた差し入れ。
 まずは麻布十番定番「浪花家総本店」のたいやき。
c0115950_22294567.jpg

 そして、こちらは目黒は御門屋の揚げまんじゅう。
c0115950_2230167.jpg

 どちらも大変おいしくいただきました。ありがたやありがたや!
[PR]

by RyuSawachi | 2011-09-18 22:30  

たまには仕事

 もちろんこう見えても食べてばっかりではなく、少しは仕事もしてます。
 スタジオで3曲ミックスダウン。
c0115950_2132408.jpg

c0115950_21325592.jpg

 気心知れたエンジニアだと、早くていいね! うれしくて大笑い!?
c0115950_21331963.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2011-09-18 21:34  

食欲の秋

 そしてまた、食べる話です。
 よく使う麻布のスタジオは、麻布十番商店街の近く。だいたい昼過ぎからはじめることが多いので、その前にちょっと腹ごしらえ。ってんで、いつも行くのがここ魚可津。昭和の初めからある店で、毎朝、築地から新鮮な魚が仕入れられます。
 この日は新さんまの塩焼きがおすすめ。これがぁー、これがこれがばっつぐんにおいしかったんです。まぁ、人生で食べた魚のなかでも3本の指に入ること間違いなし。今年食したもののなかでも、上海で食べたフォアグラの小籠包に次くらいでしょうか。とにかくおいしかったぁー。
 あー、また食べたいっ!
c0115950_21161138.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2011-09-18 21:16  

上海おまけ

 言いたいけど教えたくない。でも書いちゃいます。
 今回の上海でのいちばんの感動が、なんとフォアグラの小籠包。鼎泰豊(ディンタイフォン)にあるのですが、日本店では食べられないようです。
 やっぱり小籠包は正当派がいいよねと、今まで知っていながら食べなかったのですが、試しに食べてみたら、なんとまあ、これは人生でも3本の指に入るおいしさ。このためだけに上海に行ってもいいと思うほど。
 と、僕はそのとき思ったのですが、ま、食べ物はそのときの体調や気分、一緒に食べるひとにもよりますから、信じるか信じないかはおまかせします。
c0115950_1722237.jpg

c0115950_17223357.jpg

c0115950_17224559.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2011-09-03 17:22  

上海いろいろ

 さてさて、7月に行った上海も今となっては遠い昔のようですが、そろそろ大詰めです。
 ここからはノンストップで説明なしの風景だけをお送りします。
 これはなんだー?という写真がありましたらお問い合わせください。気が向いたらお答えするかもしれません・・・。
c0115950_179429.jpg

c0115950_1791599.jpg

c0115950_1792693.jpg

c0115950_1793654.jpg

c0115950_1794666.jpg

c0115950_1795754.jpg

c0115950_17101758.jpg

c0115950_17102979.jpg

c0115950_17103921.jpg

c0115950_17104964.jpg

c0115950_1711040.jpg

c0115950_17111197.jpg

c0115950_17112114.jpg

c0115950_17113114.jpg

c0115950_17114018.jpg

c0115950_17115188.jpg

c0115950_1712256.jpg

c0115950_17121376.jpg

c0115950_17122748.jpg

c0115950_17123882.jpg

c0115950_17125127.jpg

c0115950_1713177.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2011-09-03 17:14  

水郷古鎮「七宝」

 上海の中心地から地下鉄を乗り継いで1時間ほどで行ける水郷古鎮「七宝」(チーパオ)。
 杭州のすばらしさから比べると、やはりうーん、まあまあこんなもんかなぁと思ってしまいますが、それなりに手軽に古い中国を感じることができます。
 主に、棉紡績、酒文化、蟋蟀(コオロギ)、宗教に関して深い歴史があり、「酒坊」「棉紡坊」「蟋蟀館」「教会」「七宝教寺」などが存在しています。
c0115950_164039.jpg

c0115950_16401713.jpg

c0115950_16402934.jpg

c0115950_16404077.jpg

c0115950_16405178.jpg

c0115950_164118.jpg

c0115950_16411512.jpg

[PR]

by RyuSawachi | 2011-09-03 16:41